スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--.--.-- | | スポンサー広告

REACH規制

川端です、今日は名古屋のほうにいってました。
何しにっていうと、REACH規制に関する説明会です。

REACHってなに?ってひとのために・・・。(あまり3Sとは関係ないよ、でもまったく無関係でもない)

今ではメジャーになってRohs規制(EUが有害な物質を含有してる製品は購入しないよん、っていう
あれです)のさらに進んだ規制がREACH規制です。
何がちがうん?
っていうと。

Rohs規制は、6種の含有禁止物質(水銀とか、鉛とか六価クロムとかですね)
を規制っていうか、つかったらあかんっていうことで、製品にそれらが含有していないかを
証明するためには、MSDSや、ミルシート、鋼材証明とかいう、いわゆる、メーカーがだしている
書面を提出することで、それを証明していたわけです。

でREACHはそれに対して、まだ発展途上の規制ではありますが。該当する物質は
約1500種類っといわれてます、(なんとまあ・・・)

で、大きく違うてんは、絶対つかったらあかんっていうRohs規制とは違い。

どれくらいの含有があるんか明確にしなさい。って規制なのです。
なので、製品の構成する物質をすべて、洗い出して、含有率などを、標準フォーマット(エクセルの
ごのメーカでも同じ統一規格フォーマットに記入しなければなりません)にて作成。
これはRohs対応がメジャーになっている今でも、各メーカーごと規格があり、提出する側に負担が大きいし、面倒やし、ややこしいし、わけわかんねー!っていうのを避けるために、いわゆる
反省をもとにつくられた、統一規格なのです。

基本的にはMSDSplasという書類とAISって書類が存在します。
これはフリーでダウンロードだれでもできます。

問題は、その書き方。エクセルなんだけど、結構細かく記入しないといけないし、超めんどくさい。
まあ、1500種ともいわれる規制物質が簡単に検索できるような。プログラムはくまれているのですが
なんにしても、ややこしいし 面倒な作業です。

いややー。って内心おもってるんだけど。

地球環境を守るって観点からいくと。もちろん必要なことではあります。
(まあEUは別の目的、輸入規制って意図もあるんだろうけど)

この流れは世界的なものなので、止められるものではないので、波にのっかるしかありません。
ものを作る会社としては、やっぱり、エコに貢献しないといけないので。

めんどうだけど。でも世界を地球をって観点で、しっかり勉強して理解をしないと。。。

って、言い聞かせて、がんばります。

なんにしても、規制物質管理っていうのは、管理体制がきっちりとととのっていないと、
大変なことになりかねません。市場クレームなどになったら。大変な騒ぎになりますからね。

またEUには輸出してないから 関係ないわっていう問題でもないですよね。
大手メーカーでもいまだにRohs規制、そんなんいらん。日本でしか商売せえへんから。
って会社もあるには、ありますが、やっぱりよろしくないと思うわけです。
自分のことだけではなく。やっぱり、地球規模での問題として、日本企業も、もっと環境に
対して、見かけだけじゃない、努力をしないといけないですよね。

今はやりの、CO2削減に関する、助成やら、エネルギー使用削減の権利の譲渡なんかも
なんか、間違っているような気がしてならないんですよね。
日本も発展途上国から、CO2の削減の権利を買ったりしてますけど、
それって、どうなん?
もっと、地球規模で考えて、本当に必要なものなのか。小さな取り組みでもいいから、
ちゃんとエコを考えて、エネルギー資源もふくめて、3Sしないとあかんなーって思いました。



スポンサーサイト

2009.04.15 | | Comments(1) | Trackback(0) | 株式会社三協製作所

コメント

今日の言葉

人生はパズルに似ちょるのう。今、おまんがしちょる経験は、一つ一つが大事なピースじゃ。無駄な経験なんぞ一つも無いき、おまんだけの世界に一つのパズルを創ったらええんぜよ!

2009-04-16 木 19:12:24 | URL | 山根 #- [ 編集]

コメントの投稿


秘密にする

«  | HOME |  »

ブログ内検索

FC2カウンター

オンラインカウンター(今現在見てるブログを見ておられる人数)

現在の閲覧者数:

FC2カウンター

通常カウンターです!

モブログのQRコード

QRコード


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。