スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--.--.-- | | スポンサー広告

OPS2周年 記念例会 おつかれさまでした

お久しぶりです。川端です!

昨日は、2周年記念例会 おつかれさまでした。
OPS1


みなさん大変すばらしく、久しぶりに、参加して、とても楽しかったです。
OPS2

弊社の方は、まあ、いろいろとあり、結構大変だったんですが、懇親会できくと、
それぞれのお会社でいろいろあったみたいで、うちだけが大変なのではないと、やっぱり思います。
それぞれの立場において、みんな思い悩むことがあり、経営者も、従業員もみんな、で考えて
前進していかなければいけないと本当に思いました。

来年は、やっぱり外にむけて、発表したいですね。
緊張感とか、達成感とか、人に対する思いやりとかが生まれるのって、
外にむけて発信してこそだと私は思っているので、
OPSの全メンバーがそれぞれに考えて、作り上げていく、そんな記念例会を、必ずいつかやりましょう!
感動を生む例会をしたいと本当に思っています。

私自身、今回は本当にいろいろ考えました。

1周年のときのように、正直タッチできないし、外から見守るしかないというか、歯がゆくもありました。

終わってみると、もっと違う形でかかわりをもてたのではないかと、反省も沢山です。


心の3Sって、本当はとっても単純なことなんだろうと私は思っています。

たぶん、何より、人を思いやる気持ちが、気づきそのものなんだと思うのです。
自分以外の誰かが、同感じるかを、アンテナを張り巡らして考えることが根底じゃないかなあと。

道具ひとつでも、皆が使いやすいようにどうしたらできるかな?
って考えるのって、みんなに対する「愛」でしょ?

会社にくるお客様が、気持ちよくすごしてほしいな。って思うのも「愛」なんです。

すごく綺麗な会社でも受付の人が無愛想だったら、きっと嫌な気持ちになるし。がっかりします。

お金なんかかけなくても挨拶がきもちよかったら、すごくいい会社だなーって思うでしょう。


誰かのために、何かしたいとか。楽しませたい。誰でも、たとえば自分の好きな人には
そうおもうんじゃないかと思います。

その対象をもっと広げてみたら、とっても簡単にできると思いますよね。

そんなふうに考えると昨日の例会をふりかえってみても
・先生にお水を用意したらよかったなとか
・お礼の花束くらい用意したかったとか
・みんなにネームプレートを用意したらよかったなとか

いろいろなことが思いつく。

それって、外に対して発信する例会だったら、もっと気を配ったかもしれませんよね。
だから、来年はちゃんと外にむかって、発信したいなーと思います。
っていっても、私が個人的に思っているんだけど。

そのほうがきっといいだろうとおもってそういっていて、皆も考えてほしいなと思う。

どうすればOPSがよりよくなるか。自分の会社がよくなるのか。

考えると、自分でできることから、自分で考えてやれると思います。

誰かの為に何かをしたい。そうおもう心が、心の3Sだと。
そうおもって、私もがんばって、自分のできることをして。そうして、OPSだけじゃなくて
もっと大きな枠で、いろんなことを変えて行きます。

でも、私ひとりでも、そうおもってかえたら、大きな枠の中の1点がかわったってことなんですから、
やらなきゃ損なんですよ。
出来ないとか、考える必要はまったくありません。

どんな偉業も、できると思ってやった人がいるから出来たんですから。

みんなで、一歩踏み出しましょう!













スポンサーサイト

2010.05.02 | | Comments(2) | Trackback(0) | 株式会社三協製作所

コメント

石本社長
その通りと思いますv-7
でも今後の方針・目的・目標をキッチリ定めましょう!!!

2010-05-04 火 08:58:12 | URL | やまちゃん #- [ 編集]

どれだけ相手のことを思いやれるかっていうことですよね。いや、自分を支えられてくれている周りの人こ感謝してるか?
もっと単純にみんなを愛すればよい?
なんだか神の領域みたいですが・・・

2010-05-05 水 11:20:44 | URL | 福地守 #- [ 編集]

コメントの投稿


秘密にする

«  | HOME |  »

ブログ内検索

FC2カウンター

オンラインカウンター(今現在見てるブログを見ておられる人数)

現在の閲覧者数:

FC2カウンター

通常カウンターです!

モブログのQRコード

QRコード


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。